情報セキュリティポリシー

情報セキュリティポリシー概要

篠電テクノ株式会社(以下「弊社」という)は、企業活動を通じて得たお客様、取引先および弊社の情報資産(個人情報を含みます)を、災害、盗難、情報漏洩等あらゆる脅威から保護するために、以下の「情報セキュリティポリシー」を定め、機密性、安全性、可用性の観点から情報セキュリティの確保を重要な責務と考えております。社員さらには協力会社に周知徹底を行い、お客様に安心と安全なサービスを提供いたします。


1. 情報セキュリティの策定

弊社は、保有する情報資産を適正利用するにあたり災害、盗難、情報漏洩等のリスクを未然に回避するため「情報セキュリティポリシー」を策定いたしました。万一問題が発生した場合でも迅速に対応し、被害を最小限に食い止めるように努めます。


2. 情報セキュリティの対策

情報資産の可用性・完全性・機密性が確保されるよう、物理的セキュリティ、人的セキュリティ、技術的セキュリティの3面から適切な対策を実施します。また、これにより契約の相手先のセキュリティ水準を把握し、適正な履行を確保します。


3. 業務委託先の管理体制強化

業務委託契約を締結する際には、業務委託先としての適格性を十分に審査し、弊社と同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていくために、業務委託先を継続的に見直し、契約の強化に努めます。


4. 個人情報保護法

情報を保護することは、弊社の事業活動の基本であり、 企業としての重要な社会的責任であることを弊社役員・従業員が十分に認識し、業務の秘密の厳守はもとより個人情報保護法等の関連法令等を遵守してまいります。